TULALA(ツララ) エルホリゾンテ75

TULALA(ツララ) エルホリゾンテ75



エルホリゾンテ75は運河~都市型河川、そして広大なエリアで大型魚と対峙するためのキャスティングロッド。
イギリスをはじめとするヨーロッパのフィッシングシーンにおいて、特に大型になるパイクへのフッキングを想定したヘヴィーモデルです。

パイクはロングキャストを必要とする広大なエリアだけではなく、三面に護岸された街中の運河にも潜みます。
このためランディングへ至る設計では、ある程度真下方向への荷重想定も必要となります。
さらにボートなどで岸が塞がれ、ランディングスペースの限られたエリアでのやり取りや、足下まで迫った魚に対して誘いをかけるのに非常に適したレングスとなっています。

巨大な魚を狙う=強く、硬ければ良いということではなく、負荷が掛かればしっかりと曲がる竿でなければその様な魚と対峙することは出来ません。
エルホリゾンテ75は、こうした強く、太い竿を用いた各社パイクロッド群の中で、ギリギリ日本人の体力やバランスに合う設計となっています。
旧世代ブランクスに最新のパーツ、バランス。あくまでシンプルに、使いやすい強さを追究しました。

このロッドのもう一つの側面。
対モンスターバス用のロッドとしてのエルホリゾンテ75。
初期からテスト、開発に携わった呉行修氏の愛竿としての側面。

近年の巨大化する琵琶湖のバス。
世界記録すら生み出すモンスターレイク。
そこで生まれたバス達はもはや怪魚と言えるかもしれません。

この様なバスを獲るためには従来のバスロッドにはないパワーが必要でした。
スイープなアワセ、瞬発的なアワセ。
どちらでも確実に硬い顎を貫くための硬さと、ファイト時には一切バスに主導権を与えない破格のトルクを併せ持つエルホリゾンテ75。

軽量化を一切無視したブランクスから産み出されるパワーは、怒涛のトルクという言葉さえ陳腐に感じさせるでしょう。
また、ロンググリップによる魚とのやり取りのしやすさも重視されています。暴力的なトルクを持つ竿なのでグリップの長さが必然的に必要となるのです。

呉行修氏は、テスト段階で6500gを筆頭に20本近い10ポンドオーバーを捕獲。
全ての10ポンドオーバーのバスを10秒足らずで瞬殺ランディングという荒業も披露してくれました。
対【怪魚バス】用ロッドとしてのエルホリゾンテ75。
この竿の開発者である呉氏の執念の具現化とも言える竿です。

◆長さ:7.5ft
◆重さ:215g
◆テーパー:ファストテーパー
◆ライン(MAX):PE 10 号/フロロ・ナイロン 40lb
◆ルアー:56g~300g
◆1ピーススピニングロッド(グリップ脱着式)


Verheul Trappen BV - Steenovenweg 8 - 3417 XR Montfoort
Tel. 0348 - 47 11 16 - Fax. 0348 - 47 45 94 - E-mail: info@verheultrappen.nl