シマノ ソアレ エクスチューン アジング S508L-S (アジング ロッド)

シマノ ソアレ エクスチューン アジング S508L-S (アジング ロッド)





ソアレ エクスチューン アジング S508L-S


■全長(m):1.73
■継数(本):2
■仕舞寸法(cm):89.3
■自重(g):60
■先径/元径(mm):0.8/7.4
■適合ルアーウエイト(g):0.6~12
■適合ラインPE(号)/ナイロン・フロロ(lb):0.1~0.6/1.5~4.0
■リールシート位置(mm):194※D
※リールシート位置=D(ダウンロック):竿尻からリールシート後部固定フードまでの長さです。
■カーボン含有率(%):98.1
■発売年:2016年
≪ダイワ アジングロッド≫


●アジ特有の“吸い込み”によるアタリをどれだけ検知し“掛ける”事が出来るかが釣果を握るアジング。それを前提に究極の“掛け”に挑んだのがソアレ エクスチューンの「掛け調子」。ティップの「絶妙なもたれ具合」と、そこから生まれる「手元に来る重さ」を重視し、それによって釣れる潮を感知。緩い流れか、強い流れか、または流れの壁か。さらには今自分のルアーはどういった状況にあるのか。ただ硬いだけのロッドではたどり着けない新しい感度と操作性の極地がここに。
●アジングロッドのショートレングス化が顕著な今、シマノが放つ初の5フィート台ロッドのコンセプトは、「近距離を釣り尽くす」。掛けた後のバレを恐れて曲がるショートロッドが多い中で、限界まで硬さを追い求めたS508L-S。常夜灯周りの釣りにターゲットを絞り、違和感を感じとれる感度を徹底追求した結論は、明らかにティップ部分まで硬さを有し、なおかつ急テーパーな[ハイレスポンスソリッド]の採用。強風時、極小ジグヘッド等々、釣り辛い状況にこそ真価を発揮。シマノならではの一味違うショートアジングロッドだ。


掲載商品につきましては、一部店頭在庫(実店舗)と共有している商品もございます。また、一部問屋、メーカーとの共有在庫につきましてはご注文をいただいてからお取り寄せし発送となります。また、一部問屋、メーカーとの共有在庫につきましてはご注文をいただいてからお取り寄せし発送となります。
「在庫有り」の表示があっても、在庫更新のタイミングのズレなどのため、ご注文後に欠品が発生する場合がございます。完売や欠品の場合は、ご注文をキャンセルさせていただく場合がございます。誠にご迷惑をお掛けいたしますが、予めご了承ください。


Verheul Trappen BV - Steenovenweg 8 - 3417 XR Montfoort
Tel. 0348 - 47 11 16 - Fax. 0348 - 47 45 94 - E-mail: info@verheultrappen.nl