ESP Bardic Tricolour【受注生産品】

ESP Bardic Tricolour【受注生産品】


【ご注意】コチラの商品は、受注生産品の為、オーダー後4~6ヶ月前後の納期となります。予めご了承下さい。

※画像はサンプルです。商品の特性上、杢目は1本1本異なります。
※こちらの商品は代金引換ではお買い求めになれませんので予めご了承をお願い致します。

tetsuyaシグネイチャーモデルBardicが、グラフィティーアーティストとのコラボにより新生

Bardic with Graffiti art. Designed by kurry.

tetsuya (L'Arc~en~Ciel/ラルク アン シエル)シグネチュアモデルBardicと、グラフィティーアーティストkurryとのコラボにより誕生した、“Bardic Tricolour”が登場!ベーシストtetsuyaの感性を反映したBardicは約7年もの間、メインの座に君臨し、現在の完成形に至ります。そして、こだわりのスペックと冒険心を集約した最新型Bardicの注目すべきポイントは、ボディ全面およびヘッドに施されたグラフィックデザインにあります。グラフィティーアーティストkurryの作品に感銘を受けたtetsuya本人がデザインを依頼。ベーシストtetsuyaという存在から得たインスピレーションを投影したkurryによるデザインは、ユニオンジャック、トリコロールをモチーフに、それぞれBardic Tricolour、Bardic Union Jackという2本のベースを生むこととなりました(コチラは“Bardic Tricolour”)。これまでメイプルトップ/アッシュバックを採用していたボディ構造ですが、当モデルにはアルダー2ピースを採用。結果、ミッドレンジが強調されたサウンド特性を持つモデルとして仕上がっています。 特徴的なグラフィックは、ボディのサイド&バックにまでペイントされています。指板にはLEDが内蔵され、バックプレートに装備されたスイッチで点灯することが可能です。電源もプリアンプとは別の9V006Pを使用します。

◆Graffiti artist kurry
高校卒業後、数々の美大を受けるも全て不合格。浪人するもまた不合格。
専門学校に入るも中退し、アパレル、内装、塗装系の仕事を経て、2005年よりアーティスト活動を本格的に開始。
2006年から関西を中心に数多くの個展、グループ展を経験。
2010年8月には大阪「EXCUBE」で開催した個展「FACE」は セールス、集客数ともに過去最高を記録。
国内最大のオンラインギャラリー「タグボート」主催、 新人アーティストが集う"Next Generations"で作品販売額ランキング1位、作品販売数ランキング1位の2冠達成。
地下室や天井裏から飛び出して来たかのような作品が多いグラフィティアートにおいて、kurryが生み出す作品はまるで子供部屋から飛び出してきたように人の心を楽しく明るくハッピーにしてくれます。
大阪在住。特に受賞歴なし。

BODY : Alder
NECK : Hard Maple
FINGERBOARD : Maple, 22frets
INLAY : Dot w/LED
SCALE : 889mm (Super Long)
NUT : Bone
JOINT : Bolt-on
TUNER : HIPSHOT Ultralite
BRIDGE : GOTOH 404SJ-5
PICKUPS : (Neck) tetsuya J5-69
(Bridge) tetsuya MM5-69
CONTROL : Master Volume, PU Balancer
Bridge PU Coil Sprit Switch
3 Band EQ(ESP tetsuya LC-1)
COLOR : Graffiti art Designed by kurry

ギグケース付き


Verheul Trappen BV - Steenovenweg 8 - 3417 XR Montfoort
Tel. 0348 - 47 11 16 - Fax. 0348 - 47 45 94 - E-mail: info@verheultrappen.nl